Event is FINISHED

着がえる家プロジェクト『感覚の洗濯』ワークショップ

Description

普段は家の中で洗濯機を使って行う洗濯を、参加者と一緒に手洗いで行います。

服と水をぶつけて音楽を奏でたり、石鹸のにおいを味わったり、服が乾くまでの時間は洗濯物の風景を眺めながらランチをしたり、スケッチをして記録に残します。
このワークショップは、「東京ビエンナーレ2020/2021」参加アーティストの西尾美也によるワークショップ「感覚の洗濯」です。
会場は、柳原通りに面する伝統的商店建築の海老原商店です。1928年築の元洋服店を、洗濯物によって彩ります。


「なぜ感覚の洗濯なのか」

日本では洗濯機が普及し、景観保護の目的で隠されることが多い洗濯物ですが、たとえばケニアでは、手洗いで洗濯をする人の姿が街に活気を与え、干された服が街の風景を彩っています。ワークショップでは、洗濯物を万国旗のように街を彩り祝祭するモチーフとして捉えなおし、洗濯して干すという誰もが参加できる方法でパブリック・アートを作り出します。また、たとえば奈良では、東大寺や浮見堂などの観光名所で、小中学生や同好会の人たちが写生会をしている姿が見られます。ワークショップでは、自分たちの街の歴史や景観に向き合う行為として、自らが作り出した「洗濯物のある風景」を写生して記録します。自分の服を手入れして屋外に展示し、それを毎日のように繰り返す洗濯行為は、誰もができる参加型アートとして、すでに非常にすぐれた表現だと言えます。利便性の追求や機械化を否定するつもりはありませんが、洗濯のこうした豊かさに改めて目を向け、手洗いの洗濯行為を通して、第一の服である身体を、感覚を洗濯して、その場所にさらされる経験が、今の時代にこそ必要な気がしています。(西尾美也)

当日のワークショップの流れ:
10:00 洗濯の説明(現地集合、ワークショップの概要を説明します)
10:15- 洗濯の音楽(洗濯開始、手洗いによって音楽を奏でます)
11:00-11:30 洗濯の展示(洗濯物をロープに干し、街を彩ります)
11:30-12:30 洗濯の花見(お昼休憩、洗濯物を眺めながら昼食をとります)
12:30-15:00 洗濯の写生会(洗濯物が乾くのを待ちながら、洗濯物が干されている風景を写生します)
15:00- 洗濯の試着(洗濯物が乾いたら、着替えて解散します)
※途中参加の場合、いずれかの行程のみの参加も可能です。


「洗濯の音楽」金だらいを使って、チャプチャプ洗濯。お互いの洗濯音でリズミカルに奏でる。


「洗濯の花見」海老原商店の土間で干された洗濯物を眺めながら休憩


「洗濯の写生会」描かれた洗濯の風景(※この作品は他会場で作成された参考作品です)

日程:2020年10月17日(土)・18日(日) 10:00〜16:00
※両日とも内容は同じです。
※小雨決行。荒天の場合は中止とし、代わりに西尾によるプロジェクト説明会を実施します。

場所:海老原商店(〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-13-5)
※岩本町駅から徒歩2分・秋葉原駅から徒歩4分

対象:年齢不問(小学生以下は保護者同伴)
定員:各回10名
参加費:無料(途中参加可)

持ち物:
・手洗いしたい洋服やタオル、マスクなど10点程度
・お弁当(コンビニ等で購入も可)、水筒、帽子、レジャーシート
・写生用の道具(鉛筆、消しゴム、水彩絵の具セットなど)
※洗濯や写生に必要な道具はこちらでも用意。

西尾美也(美術家)

・プロフィール
1982年、奈良県生まれ。東京藝術大学大学院博士後期課程修了。文化庁芸術家在外研修員(ケニア共和国ナイロビ)などを経て、現在、奈良県立大学地域創造学部准教授。装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目したプロジェクトを国内外で展開。六本木アートナイト2014ではテーマプロジェクトを手がけ、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館の3ヶ所で古着を再利用した大規模な作品を発表した。

問い合わせ:「着がえる家」実行委員会
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14
TEL:03-5816-3220(東京ビエンナーレ事務局内) FAX:03-5816-3220 

主催:「着がえる家」実行委員会
助成:千代田区まちづくりサポート
協力:海老原商店を活かす会、一般社団法人東京ビエンナーレ
Oct 17 - Oct 18, 2020
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
10月17日(土)10:00〜16:00 FULL
10月18日(日)10:00〜16:00 FULL
Venue Address
千代田区神田須田町2丁目13 Japan
Organizer
東京ビエンナーレ2020/2021 アーツプロジェクト
17 Followers

[PR] Recommended information